香水メモ【1】 付け方、アトマイザーのこと

スポンサーリンク

香水の付け方

▲自分用にまとめているコスメ系ノートの一部です。

今回は、香水について調べたノートをもとに作成しました。

一般的な香水の噴霧量
1プッシュ:0.15ml
アトマイザー:0.10ml以下
ボトルそのままより、アトマイザーに移したほうが付けすぎになりにくい。
 
付け方にはコツがある
肌との距離が近いと香りがキツくなりやすい。
肌から10cm以上離してスプレーする。10cm~20cmくらい。部屋だと気になるならお風呂場で。
外出30分前がおすすめ。
 
付ける場所
香りがキツくなりにくい場所がおすすめ。
足首:汗・皮脂をふいてから
ウエスト:20cmほど離して両脇腹に1プッシュずつ、もしくは片方だけ1プッシュ。
 
トワレとコロン 持続時間の違い
香りの持続について。
香料の種類によっても持続時間は変化します。大体の目安
EDT(オードトワレ):2~5時間 トワレは「線」でつける
EDC(オーデコロン):1~2時間 2プッシュほど。コロンは「面」でつける
 
香りが濃い順に、パルファム→EDP(オードパルファム)→EDT(オードトワレ)→EDC(オーデコロン)
 
体臭について
体臭によって合う香水が違う。
体臭の違いがあるのはなぜか。体質、食べ物、腸内環境などが大きい。
清潔にしていても、その人らしい汗の匂いや皮脂の匂いがある。自分の個性に合う香水を見つけたい。
 
 
EDT(オードトワレ):2~5時間 トワレは「線」でつける
EDC(オーデコロン):1~2時間 2プッシュほど。コロンは「面」でつける
 
▲この、「線」でつけるという感覚が難しい。コロンを「面」でつけることには慣れてきました。
 
 

知らないことが多いのでまだまだ学んでいきます。読んでくださった方、ありがとうございます 🙂 

 

参考:https://www.fragrance.co.jp/howto/index.html

武蔵野ワークスさんのHPなどを参考にしました。

 

タイトルとURLをコピーしました