<雑記>生理を快適に過ごしたい

スポンサーリンク

生理を快適に過ごしたい。服薬以外で、少しでもラクになりたい。

あまり直接的な(出血などの)表現はないですが、生理のことが書かれた文章が苦手な方はこのあたりで読むのをやめてくださいね。

 

🙂

 

では、内容にうつります。

私の生理はこんな感じ。

  • 周期は比較的安定。年に2回くらい乱れる
  • 期間は5~7日
  • 量はふつう~やや多いの間
  • PMSで眠気と落ち込みがある
  • 腹痛がひどいときは鎮痛剤を飲む
  • 使用ナプキンは「多い日の昼用(羽つき)」後半は「軽い日用」、就寝時は「夜用」

 

気分の落ち込みがひどいので、なんとかならないかとあれこれやっています。

ほぼ隔月で腹痛がキツイのですが、検診では問題なしだったのでこれにも困ってます。

 

セントジョーンズワートのサプリを飲んでみた

ファンケルのサプリ、「セントジョーンズワート」(※現在は廃盤のようです)を購入。

1袋を飲みきってみてどうだったかというと、特に変化ないかな…という感じ。

ちょっと落ち着くような…気がする…と思いました。はっきりと効果を感じる人もいるみたいですが、相性なんですかね。

 

朝食にヨーグルトやバナナを食べる

朝食にトリプトファンをとると、夜の時間帯にウツっぽくなりにくいと聞いたのでやってみました。

主にヨーグルトやバナナを食べるだけです。これはよかったです。

セロトニンは脳内で作られますが、その材料として必須アミノ酸のトリプトファンが必要となります。ただし、トリプトファンは体内で生成できないので、食事から摂らなければなりません。食べ物から摂取したトリプトファンは、日中は脳内でセロトニンに変化し、夜になると睡眠を促すメラトニンに変化します。そのため、トリプトファンが不足すると、不眠症や睡眠の質の低下を引き起こす原因となります。

(「つなげる、やさしさ。健康応援サイト」様より引用)

もともと落ち込みやすい人にはよさそう。

 

身体を冷やさないようにした

普通すぎるんですが、実感したので書きます。

少し冷える格好をしていた場合、その月か、翌月の生理の痛みがひどいということに気づきました。(手帳を読み返すと分かる)

 

足元がスカスカ(くるぶし出しすぎ)、薄手タイツ×スカート、秋冬のパンプス(足の甲が出てる)、などですね。

手首・足首・鎖骨を出すと抜け感が…とかおしゃれな感じになるのでやりたくなるんですが、それは春夏や元気なときだけにしています。

 

骨盤のゆがみ直しストレッチをやる

骨盤のゆがみ直しストレッチをお風呂上がりや就寝前にやるとスッキリします。これは地味にいいです!生理直前・直後以外の期間にゆるくやっています。

初心者向けの、簡単な本を見ながらやっています。

 

 

ナプキンの話

話が少し変わってきましたが、自宅用のナプキンは安さ重視にしています。

毎月毎月、痛いし、行動が制限されるし、落ち込むというのに、さらに生理用品代が高いと腹が立つので、安い物がいいです。

 

  • エリス 新・素肌感 1セット(22枚×2個) ふつう~多い日用 羽つき 20.5cm 
  • センターイン ふわふわタイプ 1セット(20枚×2個)  羽つき ふつうの日 21cm
  • ソフィ ボディフィット 1セット(22枚×2個)ふつうの日用 羽つき 21cm

 

このあたりは通販でお安く買えるし、とくに不満ないです。ボディフィットはちょっとかぶれる、ムレる感じがするときがあります。(でも安い)

 

長時間外出時は高性能なもの、あとはタンポンも合わせて使用。エリスのコンパクトガード、メガミ「素肌のきもち」が好きです。肌に優しい感じがします。

「ソフィ シンクロフィット」も持ってますが、ここぞというときに使ってます。お手洗いで流せるので便利です。

ナプキンはかさばるので、毎月、通販(ロハコなど)で買っています。

 

おすすめのサニタリーショーツ

気に入るサニタリーショーツがあまりなくて、いつも探しています。最近はこれ

  • 綿混
  • ナプキンがズレにくい
  • 動きやすい
  • フィット感があるけど蒸れない
  • 最悪、横モレしても(レース部分で)くいとめてくれる

 

楽天で買ってます。綿混で肌あたりも優しくて、履いてて快適です。

全体のフィット感、お尻のカーブが立体的か、おなかのどこまで生地がくるか、通気性など、

特に不満なところがないので何回か購入してます。値段も安いです。(2枚で1,000円くらいかな)

買い足しながら1年くらい履いていますが、かゆみ・かぶれなど不快な症状はないです。ただ、敏感肌の場合、レース部分でかゆくなる人がいるかも。

 

 

おわります

身体を冷やす格好をしない・冷たい飲食物をとりすぎない、だけでも違いがありました。

あとは、身体にフィットするサニタリーショーツを複数枚持っているだけでもストレスが軽減できました。

ショーツがきちんとフィットしていると、ナプキンが高性能じゃなくても漏れにくいです。

あとはもう、生理中は頑張らない。終わったら何をやるかを手帳にどんどんメモします。

今回はここでおわります。それでは。

 

タイトルとURLをコピーしました