スポンサーリンク

<雑記>洗濯物を風に飛ばされたので、物干し竿を固定した

今回は日用品の話です。

竿を固定していたのに、洗濯物が強風で飛ぶ

今年の春。
あまりの強風にバルコニーの物干し竿が外れ、洗濯物が飛ばされたことがありました。
洗濯物は2階のバルコニーから地上の自宅駐車場に着地したので、回収して洗い直しをしましたが、

これが地上を歩く人に当たっていたら、もし通りがかった車に直撃していたら…と考えると冷や汗が。

物干し竿の固定はすでにやっていましたが、よく見ると固定具はヒビ割れて役に立っていない状態でした。日に焼けて色も変わり、取り外そうと少し力を入れただけで割れてしまいました 😐 
太陽光を長期間あびた結果、劣化していたみたいです。

ということで早急に対策を。とりあえず、近所のダイソーへ。

物干し竿を100均にあるもので固定したい

こちらを購入しました。クッション素材竿ホルダー、4個入り。

パッケージ裏側。

強風で竿が横にズレて、竿掛けから落ちることを防ぎます。

不安なので、別タイプの固定具も使うことにしました。こちらも購入。

竿止めクリップ、2個入り。こちらは竿本体と竿掛けを挟むタイプです。

固定具を実際に使った写真

本来は、クッション型を1本の竿に4個使うみたいですが、違う使い方をしました。

クッション型とクリップ型を同時に使います、こんなかんじです。

クリップ型の固定具はバネがしっかりしていて強いので、これだけでも十分かなと思います。竿を掴んで確かめてみましたが、左右にズレないです。

プラスチック製品は太陽光で劣化しやすいので、クッション素材のものも同時に使いました。いらないかと、一回はずしましたが、微妙に動くのが気になり…クッション型もはめておいたほうが竿がゴロゴロせずしっかり安定しました。

 

  • 左右のズレ対策にクリップ型
  • 竿掛け金具のなかでゴロゴロ回転するのを防止するクッション型

 

なんとなく選びましたが2種類使ってみてよかったです。

ダイソーの売り場にはいくつか固定具の種類がありましたが、クッション素材のものが一番売れていました。サイズが小さめなのもいいですね。

 


ほかに気になったものはこちら。私の家の竿掛けは「アームタイプ」という物なのですが、フックタイプ・アームタイプ・竿受けが挟めないタイプ…と様々な状況に対応してます。

今回はめた物の消耗が早かったら、これがいいかなと思っています。

ちなみに、以前使っていた固定具はこういうタイプのもの(↓)で、3年くらい使っていました。

 

今回のことをきっかけに、固定具の劣化やいたみ具合を気にするようになりました。一度つけると安心してしまいますが、つけっぱなしはよくないですね。

あまり風が強い日に洗濯しすぎるのは控えていますが、晴天で強風だとスニーカーや分厚い玄関マットがきれいに乾くので、そういった物は気をつけながら干してます。

今回は以上で終わります。それでは。

タイトルとURLをコピーしました