スポンサーリンク

バーツビーズ(Burt’s Bees)の色つきリップ、ティンテッド リップバームの感想

バーツビーズ、ティンテッド リップバームの特徴

  1. 荒れやすい唇でも使える色つきリップ
  2. ややマットな質感
  3. うるおい◎
  4. 薄付きでナチュラル

バーツビーズ、ティンテッド リップバームを使った感想

「ハイビスカス」、「ピンクブロッサム」を使用しました。

市販の色つきリップクリームは1本使い切る事ができなかったのですが、こちらは刺激や違和感を感じることなく最後まで使えました。

他の製品も使っていたので、長期間使ってましたが、刺激・違和感・皮むけなどはなかったです。ただ、飲食するとほとんど落ちてしまうし色づき方もさりげないのでナチュラルメイク向きです。

 

「ハイビスカス」はオレンジ寄りの赤「ピンクブロッサム」は少し青みよりのローズピンクという印象。

色によって違うのかもしれませんが、この2本はシアーな発色でした。唇の色が薄い方はわりとしっかり発色しそうです。

私は薄い色の口紅があまり発色しないタイプなので、「ピンクブロッサム」はほとんど色づきを感じず使いこなせませんでした。

 

あと、<洋ナシ>の香りつきです。原料臭のようなにおいもするので、香りつきのコスメが苦手な方は現品を確認してからのほうがよいと思います。(オーガニックコスメに慣れている人はそんなに気にならないと思います。)

口紅の代わりに、というよりは「口紅は塗らないけど少し色味が欲しいな…」という場面に向いています。

 

2018年に日本から撤退してしまい、入手しにくくなってしまいました。残念です 🙄 

 

取扱店

東急ハンズやロフト、コスメキッチンなどにあります。公式通販もあります。

日本国内での製品取扱いが終了するそうです。
それにともない、公式オンラインショップは2018年5月21日に閉店するそうです。

(※2018年4/19追記・編集)

 

成分を引用して終わります。↓

全成分:ヤシ油・野菜油・ミツロウ・オリーブ果実油・キャンデリラロウ・ヒマワリ種子油・香料・ラノリン・シア脂・ヒマシ油・イランイランノキ花ロウ・ソケイ花ワックス・グリチルリチン酸アンモニウム・トコフェロール・ダイズ油・カノラ油・ローズマリー葉エキス・(+/-)・アルミナ・酸化チタン・酸化鉄・カルミン

 

タイトルとURLをコピーしました