スポンサーリンク

<雑記>パーソナルカラー診断に行ってから約6年経ったので振り返る

パーソナルカラーの診断を約6年前に受けました

4分割の診断で、スプリングでした。

なるべく新人ではない先生で、しっかり見てくれそうなサロンを探して行きました。

薄くて明るい春色を着ると部屋着というよりパジャマになるので、春ではないと思ってました。

 

診断の様子

診断当日は晴れ。

自然光が入るお部屋でしたが、結果にムラが出ないようになのか、「自然光に近いライト」の近くに座って診断。

メイクはすべて落とします。

カラードレープははじめにゴールドとシルバーをあて、そのあと各季節の基本の色をあてられたような。ドレープを当てだしてすぐ「オータムはないですね!」と言われました。

実はオータムの色が大好きで、服もコスメもたくさん持っていた(今も持ってます)のでちょっとショックでした。

ショックを受けている間にスプリングとサマーに絞られました。

基本的にはスプリングとなりましたが、サマーの布も「悪くない」ということで何度も当てられました。

苦手な色とされたドレープの中には、ふだんよく着る色もありましたが、メイクが濃いので自分ではあまり分かってなかったみたいです。

診断中は素顔なので、自分の顔にクマがくっきり入ったり、赤くなったり、青ざめたりする様子がよく分かりました。

私の診断結果はこの表に近いです▼

スプリングだけど…

4分割のサロンだったのでスプリングとなりましたが、

診断中の自分の顔色や印象、先生のコメントを思い出すと、サマーの要素もあるのかなと思っています。

  • 黄色みが強すぎる色
  • 青みが強すぎる色

が苦手だと思います。

 

診断を受けて良かったこと

  • 買い物のムダが減った
  • 顔色がいいので、メイクが薄くなる
  • 明るく、穏やかそうな印象を持たれる

診断後によく買うようになった色は、

アイボリー、オフホワイト、ネイビー、キャメルです。スプリングのネイビーとブラウンはあると便利です。

華やかにしたいときはメイクやアクセサリー、バッグで変化をつけています。

合わない色の服を着ていると、メイクが濃くなりますね。目の下のクマや顔の影が濃くなるので、カバー力や発色が強いコスメを選んでしまう。

優しく見られると損な場面では、あえてキツそうに見える色を取り入れたりしています。

 

濁りを避ける

濁りが強い色が苦手なのですが、昨夏にエスパドリーユ(↓)を履いていたら

ZOZOTOWNさんより借りています

「新品なのに履き古した物に見える」と家族に言われました。ジュートの部分がものすごく汚れてみえるみたいで 🙁 

足元はあまり関係ないと思ってましたが、見てる人は見てますね。

 

今回はこのへんで終わります。それでは。

タイトルとURLをコピーしました