セザンヌの「赤み補正コンシーラー」でニキビ跡と鼻まわりの赤みを消したい

スポンサーリンク

特徴

  1. グリーン色
  2. 柔らかい
  3. 乾燥しにくい
  4. 低刺激
  5. 先がななめカットのチューブ型

「赤み補正コンシーラー」を使った感想

少量で値段が安いところがいいです。

コンシーラーは減りが遅く、酸化や劣化が気になります。これくらいだったら変質する前に使い切れそうです。また、リップグロスのようなチューブ型の容器に入っていて、使いやすいです。

 

ニキビ跡には効果あり。小鼻の赤みには良くなかったです。

<ニキビ跡について

赤みが残るニキビあとに「赤み補正コンシーラー」をのせてぼかし、上からファンデーションを塗ると目立たなくなりました。

でも少し頼りないというか、はがれやすいです。NOVのコンシーラーなど重めのものでしっかり隠したほうが安心かなと思いました。

<小鼻の赤みについて>

小鼻周辺の赤みがひどかった時期にこちらを使用してみました。

つけたてはいいかも?と思いましたが、よれますし、鼻の周りだけ白い!

 

白っぽいグリーンなので付け過ぎると浮いてしまいました。もしかしたら、色白の人にはいいかもしれないです。あと、鼻周辺は皮脂が出るので崩れやすい。

頬の赤みを隠したり、コントロールカラーのような使い方がよいのではと思いました。

柔らかい質感のクリームなので出しすぎに注意です。

 

商品の情報

赤みを補正し、透明感を与えるコンシーラー。光散乱パウダーとソフトグリーンカラーで、顔の気になる赤みをコントロールし、透明感を与えます。

内容量:13g

 

成分を引用して終わります。↓

成分:水、シクロペンタシロキサン、トリエチルヘキサノイン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、BG、ミリスチン酸オクチルドデシル、ジステアルジモニウムヘクトライト、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、ポリメチルシルセスキオキサン、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、トリメチルシロキシケイ酸、塩化Na、ペンチレングリコール、ジメチコン、水酸化Al、ステアリン酸、シア脂、合成フルオロフロゴパイト、フェノキシエタノール、トリベヘニン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トコフェロール、ハイドロゲンジメチコン、加水分解ヒアルロン酸、グリセリン、ポリクオタニウム-61、加水分解コラーゲン、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、炭酸水素Na、セルロースガム、ヒアルロン酸Na、白金、酸化チタン、タルク、水酸化クロム、酸化鉄

 

タイトルとURLをコピーしました