【サンプル使用】iniks (イニクス) リキッドファンデーションを使ってみました!

スポンサーリンク

「低刺激なファンデーション」を調べているときに見つけて気になったので、公式HPでサンプルセットを申し込みました。

10と20が1包ずつ入っていましたので、両方使ってみました。

「iniks (イニクス) リキッドファンデーション」の特徴

  1. 化粧下地になる
  2. 薄付き
  3. 伸びが良い
  4. アルコールフリー
  5. アレルギーテスト済
  6. 紫外線吸収剤不使用
  7. 無香料
  8. SPF40・PA+++

「iniks (イニクス) リキッドファンデーション」を使用した感想

リキッドファンデーション特有の圧迫感がなくて、塗っていて気持ちがいいです。

化粧水の延長のような感じで、肌の上に乗せるとさらーっとよく伸びてなじみます。

「パウダリー仕上げ」とのことで、塗ったあとの表面はベタつかずサラッとします。

毛穴が目立たない肌なら、こちらを軽く塗るだけで「素肌がきれいな人」になりそう。

セミマット~マット肌が似合うタイプの人はフェイスパウダーで抑えたほうが良さそうです。私はパウダー不使用のままだと少しテカリっぽく見えました。

 

2日間、試した感想

午前中に塗って、10時間ほど様子をみました。

塗りたてはほどほどにツヤ感もあり、顔が立体的に見えるのが良いと思いました。

クマはなんとなくぼかせますが、シミ・そばかすは隠れないのでコンシーラーが必要です。

 

5~6時間ほどで乾燥が気になりました。乾燥して余計な皮脂が出る→毛穴が目立つパターンかも。

あと、鼻と頬が崩れました。消えてなくなる・薄くなる系の崩れ方です。毛穴の状態次第では「毛穴落ち」しそう。

夕食時にはほぼノーメイクかな?という感じになりました。完全にすっぴんではないけど…薄付きのCCクリームや、少し整う日焼け止めを塗ったような雰囲気です。

 

朝にメイクしたときの軽さ、圧迫感がない感じは好みですが、乾燥と、乾燥による皮脂・毛穴が気になりました。乾燥肌の人はサンプルを試してから購入したほうがよいと思います。

 

▼パウチ裏の成分表です。

「iniks (イニクス) リキッドファンデーション」の色について

色はこんな感じです。

▼食品用ラップの上に乗せました

私はライトオークル10が馴染みました。

水彩絵具のようなイメージでじんわりと地肌が透けるので、ペンキのように肌を覆うタイプのファンデより浮きにくいです。

 

相性がよさそうな人
  • 低刺激なファンデーションがほしい
  • 素肌のような仕上がりが好み
  • 肌をこすりたくない

 

赤み・凹凸があるニキビなどはこちらではカバーできないので、カバー力がなくても大丈夫な人向けです。

今回は以上で終わります。ありがとうございました 🙂 

最後に公式サイトのリンクをはっておきます!

 

iniks(イニクス) 公式サイト

iniks リキッドファンデーション|iniks(イニクス)通販サイト
iniks(イニクス)は敏感肌・乾燥肌・ニキビ肌に悩む人のために、皮膚医薬品 メーカー「マルホ」から生まれたスキンケアブランドです。「スキンバリア・プ ログラム」で肌本来の潤いに満ちた美しい肌へと
タイトルとURLをコピーしました