<雑記>グリセリンが合わないのかも??記録その2

2018年8月から「ほぼグリセリンフリー」を始めて、だいたい2か月が経ちました。
その後の経過をまとめます。※2019/2/19加筆・修正あり。

グリセリンフリーのコスメについて

顔の赤みや毛穴が気になり、なるべくグリセリン・濃グリセリンを避けています。

前回は化粧水・乳液・ヘアケアなどを見直しました。

スキンケアはちふれで揃えました。拭き取り化粧水、ノンアルコール化粧水、さっぱり乳液、エッセンシャルクリーム。保湿はHABAのスクワラン。

あらたに以下の物を試しています。

グリセリンフリーなもの

  • アンブリオリス モイスチャークリーム
  • キスミーフェルム ハイカバーコンシーラー
  • サンキラー パーフェクトウォーターエッセンスN SPF50+ PA++++
  • ミルボン インフェノムミスト

グリセリン入りだけど、赤みや毛穴の開きなどを感じなかったもの

  • スキンライフ 薬用洗顔フォーム (※グリセリン入り)
  • 肌ラボ es 乳液 (※グリセリン入り)
  • ちふれ美白化粧水VC (※グリセリン入り)

 

スキンライフの洗顔を使う

起床後の顔色はスッキリしていますが、洗顔フォームで洗った後に顔が赤くなり、毛穴が目立ってテカるので、洗顔料を変えることにしました。

完全にグリセリンを避けると乾燥しそうだったので、配合量が多くなさそうなものであればいいなと思い、「スキンライフ 薬用洗顔フォーム」を購入。

さっぱり洗えて気持ちがよいです。顔色の変化もなし。パッケージ裏の成分表です(↓)

スキンライフ 洗顔フォームのパッケージ裏の成分表

ピンクグレープフルーツの香りは好みが分かれそうだなと思います。
スキンライフの「スキンライフ 薬用泡のふんわり洗顔」はグリセリンフリーなので、完全に避けたい方は泡タイプがよいと思います。(↓)

 

9月に入り、乾燥を感じるようになり…

スクワランで対策しましたが、小さな乾燥ニキビがあご周辺にポツポツできてしまったのでスキンケアを見直しました。この時期は日に日に毛穴が開いてきて焦りました。

洗顔以外はほぼグリセリンフリーのスキンケアにしていましたが、乾燥が辛かったので多少ならいいかなと思いました。

グリセリンを意識する前に使っていた乳液・クリームを復活させたところ、赤くなったりかゆみを感じたので、それらは止めて別の物を購入しました。

買ったのは

肌ラボ「肌ラボ es(エス) 乳液」、ちふれ「美白化粧水 VC」、
アンブリオリス「モイスチャークリーム」の3つです。

1週間ほど様子を見ましたが、アンブリオリス以外は夜のスキンケア用にしています。朝のスキンケアはなるべくグリセリンを控えたほうが化粧もちが良かったです。

肌ラボの乳液は穏やかな使い心地で気に入りました。原料のにおいが少し気になるのと、朝のスキンケアに使うと下地やファンデーションが乗りにくいです。
ジグリセリン、グリセリンが入ってます。

 

ちふれ美白化粧水(青)は毛穴対策で使っています。

キメが粗くなっていたのが落ち着きました。毛穴も目立たなくなりました。最近はグリセリンが多い化粧品を使うとかゆみや違和感があって拭き取りたくなるのですが、こちらはコットンパックしても大丈夫でした。

ジグリセリン、濃グリセリンが入っています。

 

スポンサーリンク

アンブリオリス「モイスチャークリーム」はグリセリンフリー

ほぼ毎日使っているのがアンブリオリスの「モイスチャークリーム」。

以前サンプルを使用した際はそこまでピンとこなかったのですが、朝晩使えるし、スキンケアしたあとのフタとしてとても使いやすい。塗ったあとはテカらずマットです。

こちらを使うようになって夕方の乾燥毛穴が目立たなくなりました。肌がどんな状態でも安定して使えるのでリピートしました。

それでもうるおいが足りないときはHABAのスクワランバームを使っています。夜に使うと翌朝だいぶ違います。こちらも毛穴に効果を感じました。

 

グリセリンフリーのコンシーラー、下地

キスミーフェルム「ハイカバーコンシーラー」(01 ナチュラルカラー)

カバーした部分がかゆい、皮脂で溶ける、ということがないのですごく良いです。

カバー力があるのに圧迫感や違和感がないので気に入っています。色は01の1色のみです。色白な方には暗めかも?

 

同じキスミーフェルムの化粧下地「明るさアップ 化粧下地」もグリセリンフリーです。

ピンクベージュ系でそこまで補正力はないですが、毛穴がぼかせて良いです。

全顔に使うと白ピンクに浮いてしまったので、目の下の三角ゾーンやTゾーンに薄く塗ってハイライトっぽく使います。

 

グリセリンフリーの日焼け止めを探す

この記事を書く前にいくつかリストアップしていたんですが、あらためて公式サイトで確認したらリニューアルで中身が変わったのか、グリセリンが入っている日焼け止めがありました。

購入前に確認したほうがよいですね。

個人的に調べたところだと、

「ビオレUVアスリズムミルク」、「ビオレUVマイルドケアミルク」、「DHC サンカットQ10 EXミルク」、「マミー UVマイルドジェルN」、「ちふれ 日やけ止め ジェル UV」、「アトピタ保湿UVクリーム」、「KOSE スポーツビューティー サンプロテクトミルク」、「スキンアクア ウォーターマジックUVオイル」、「ニベアSUNウォータージェル50」、「ニベアSUNゼロフィーリングUVローション」

などは入っていないです。

 

スポンサーリンク

グリセリン・濃グリセリン不使用、アルコール不使用の日焼け止め

日焼け止めは「サンキラー パーフェクトウォーター エッセンスN」 SPF50+ PA++++ <日やけ止め&化粧下地>

を購入しました。アルコール不使用なので刺激を感じずに使えます。

注※成分表の後半に「エチルヘキシルグリセリン」が記載されています。(エチルヘキシルグリセリンは、グリセリンに2-エチレンヘキシルアルコールを結合させて作った保湿成分)

SPF50+も必要ない気がしますが、グリセリンフリーかつアルコールフリーの日焼け止めで、白浮きしないのでかなり好みな商品です。

柑橘系の香りと質感・伸びがビ○レのア○アリッチに似てるな…と思いました。

焼けにくさについては(来年の夏になるまでなんとも言えないですが、)せっけんで落とせるタイプなので耐久力はそこまで無い気がします。

 

2018年8月ごろは「アトピタUV」を使っていましたが、塗ったあと青っぽく感じるので最近は顔には塗っていないです。

白浮きとはまた違う感じで…青っぽいグレーに感じます。私の肌色との相性だと思います。

 

ちふれのパウダーファンデーションとBBクリームはグリセリンフリー

ついでですが、私がなんとなく愛用しているちふれのBBクリームとパウダーファンデーションもグリセリンフリーでした。

BBは色が合うし、肌荒れがすごかった時期も使えたので好きです。

パウダーファンデーションはUVバイケーキ、モイスチャーパウダーファンデーションのどちらもグリセリンフリー。

下の画像は箱裏の成分表です(UVバイケーキ・パウダーファンデーション)

ちふれ ファンデーション パッケージ裏の成分表

グリセリンフリーのヘアスタイリング剤

最後にヘアスタイリング剤ですが、「ミルボン インフェノムミスト」。

トリートメントミストというのでしょうか。タオルドライ後、スプレーしてドライヤーで乾かすと髪がまとまります。香りが良いので、朝のスタイリング時にも1吹きしています。

 

今回のまとめ

以上で終わります。

8月にスキンケアを変え始めたころに比べて、顔の色ムラが気にならなくなりました。

ベースメイクが薄く済むので肌の負担にならず、いい感じです。

今までは小鼻の赤みが気になって、スキンケアやコンシーラーで工夫してきましたが、最近はそこまで目立ちません。

以前はベースメイクの下から透けるくらい赤くて、そこに合わせて厚塗りになったりしていました。時間が経って崩れたときは鼻のまわりだけファンデーションを塗りなおしたり、コンシーラーがヨレたり…。

Tゾーンには毛穴が普通にありますが、黒ずみや赤み、開きが目立たなくなったと思います。ざらつきや角栓もひどくないです。

 

これから乾燥が厳しくなっていくので、肌質や皮脂の様子で使うコスメを変えなきゃなーと思います。今は保湿クリームを探してます。

 

読んで下さった方ありがとう。グリセリンフリーについてはもう1回くらいまとめる予定です。それでは 🙂