ベアミネラルの「CRティンテッドジェルクリーム」、バニラ02とバタークリーム03について

スポンサーリンク

ベアミネアル「CR ティンテッドジェルクリーム」商品画像。バニラとバタークリーム

「ティンテッドジェルクリーム」の特徴

  1. 軽い使用感
  2. うるおう
  3. 自然なツヤ
  4. 低刺激
  5. SPF30・PA+++

「ティンテッドジェルクリーム」を使った感想

「バニラ02」と「バタークリーム03」を使用。バタークリームは2回購入しました。

ムースのような優しい質感で、油っぽくないのにうるおいます。

つけ心地が軽く、肌が疲れなくて快適です。わざとらしくないツヤが出るので、素肌がきれいになったかのように見えます。

素肌っぽいベースメイク、上品なツヤ肌にしたい人におすすめしたいです。

 

乾燥崩れが気になって冬用に購入したのですが、快適だったのでほぼ一年中使いました。

うるおうので春夏は崩れるのかなと思いましたが、真夏でも汚く崩れなかったです。(パウダーファンデーションはコフレドールのものを使用しました。)

私は乾燥すると毛穴が目立ってくるので、夏用の「崩れないベースメイク」と「保湿」のバランスをとることに苦労しているのですが、このクリームはバランスが良いと思いました。

 

欠点をあげるなら、暑い日や肌の調子などでTゾーンと鼻周りが少しヨレました。そういうときはパフやティッシュでおさえました。

あとはたまに毛穴落ちが気になりました。

毛穴落ち、といってもそこまでひどくないですが、フェイスパウダーやパウダーファンデーションなど使わずにこちらのみで仕上げたい方には気になる点だと思います。

フェイスパウダーやファンデーションを重ねずに使いたい方は、サンプルを入手して気温が高い日に試してみた方がよいと思います。

 

専用のブラシがあるみたいですが、私は指で塗ってしまっています。最後に余計な分をティッシュかパフでおさえればきれいに仕上がります。

「バニラ02」、「バタークリーム03」を紙に塗りました。(上の画像)

バニラはやや明るめの肌色(ピンクオークル系)、バタークリームは標準色(オークル系)です。※公式サイトより

 

色白で黄味がないタイプの方はオパール01、バーチ1.5あたりがいいんじゃないかなと思います。

ミネラル系のベースメイクは塗りたての状態から色の変化が大きいというか、赤黒くくすむことが多いと感じているのですが、こちらも徐々に赤くくすみます。

「バニラ02」はピンクオークルなので、より赤く感じました。その辺がちょっと使いづらいというか、クセがある商品だなーと思います。

色について

全7色です。

《色》オパール01:ピンク系の明るめの肌色/バーチ1.5:ピンクオークル系の明るめの色/02 バニラ:ピンクオークル系のやや明るい肌色/バター クリーム03:オークル系のやや明るい肌色(標準色)/ナチュラル05:ピンクオークル系のやや健康的な肌色/ジンジャー06:オークル系の自然な肌色/タン07:ピンクオークル系の健康的な肌色

標準色は「バタークリーム03」。

「オパール01」と「バーチ1.5」はあとから追加された色です。「バーチ1.5」が人気のようです。バタークリームよりは明るく、ピンク寄りの色です。

 

どこで買える?

デパートの化粧品フロアに店舗がある事が多いです。

西武、阪急、伊勢丹、大丸など。公式サイトに店舗一覧が載っています。公式の通販もあります。

私は楽天で購入しました。

 

商品の情報

潤いを与える多機能ジェルクリーム ファンデーション。みずみずしい心地良さで肌を潤しながら、化粧下地、ファンデーション、UVケア、スキンケアまでをワンステップで叶えるジェルクリームです。

色:全7色
内容量:35ml
SPF・PA:SPF30・PA+++

成分: 水・ヤシアルカン・プロパンジオール・スクワラン・トレハロース・イソステアリン酸・グリセリン・シリカ・カンテン・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・グロブラリアコルジホリアカルス培養エキス・アッケシソウエキス・メリロートエキス・(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル・BG・ラウロイルリシン・ヒアルロン酸Na・サクシノグリカン・ポリソルベート60・セルロースガム・(ラウリン酸/コハク酸)ポリグリセリル-4・セスキイソステアリン酸ソルビタン・ステアリン酸Mg・水酸化Mg・塩化Mg・塩化K・塩化Ca・ソルビン酸K・フェノキシエタノール・(+/-)・酸化チタン・酸化鉄
内容量: 35mL
原産国: アメリカ

 

タイトルとURLをコピーしました