プチプラで高発色!ケイト(KATE)「フォルミングエッジアイズ」BR-3の感想

スポンサーリンク

KATE TOKYOアイシャドウ「フォルミングエッジアイズ」。BR-3の画像

ケイト(KATE)「フォルミングエッジアイズ」BR-3特徴

  1. 発色◎
  2. バランスのいい3色
  3. 伸びがよい
  4. ラメとパールが効いている
  5. 粉とび、にじみに注意

 

フォルミングエッジアイズを使った感想

BR-3(オレンジブラウン系)を購入。色味が気に入っています。真ん中の色は特に発色がよいです。

パールが面で光って立体感が出るし、ラメも華やかです。

ハイライトがパールでぬらっと光り、白く感じたので、真ん中のオレンジとダークカラーのみでメイクすることが多かったです。

あと、時間が経つと下まぶたににじみました。肌質や目の形にもよりますが、アイベースか、ベースのかわりになるアイカラーを塗ったほうがいいかもしれません。

 

ラメや粉が飛ぶので、コンタクト使用者にとって目が痛い日があります。マットや薄付きのアイカラーに飽きたときの気分転換用にしています。

 

使い方

このアイカラーは「縦割りグラデーション」と呼ばれる塗り方がすすめられています。

(一般的に「グラデーション」というと、眉下のアイホールから目のキワにむけて、上から下に色が濃くなっていく「横割り」の塗り方です。)

1.一番左のハイライトカラーを目頭を中心に幅広く「くの字」にいれ、ぼかします。

2.チップの細い方にダークカラーをとり、目じりを中心に「くの字」にのばして塗ります。

3.指またはチップの太い方に中間の色をとり、黒目の範囲にいれて、ハイライトカラーダークカラーをなじませるように、上下まぶた中央にのばします。

という風に、なっています。

実際に塗ってみたところ、縦割りには似合う顔(目の形)があると痛感しました。私は横割りのグラデで使う事が多かったです。

日常生活で浮かないアイメイクにするなら、ハイライトはほどほどに、中間の色とダークカラーをうまく使うのがコツかなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました