緑茶をイメージした香水。エリザベスアーデン「グリーンティー」

緑茶をイメージした香水。エリザベスアーデン「グリーンティー」

エリザベスアーデン「グリーンティー」の商品画像

グリーンティー/エリザベスアーデン

50ml・3,800円 / 100ml・5,500円

TOP:キャラウエイ、ルバーブ、レモン、オレンジゼスト、ベルガモット
MIDDLE:グリーンティー、スィートジャスミン、スパイシーカーネーション、フェンネル、セロリスパイス
LAST:オークモス、ムスク、クリスタルクリアアンバー


トップに柑橘系がくる香水は最初の印象がトゲトゲしく、きつく感じることがあります。

ひとふきした瞬間レモン系の酸っぱさが香ってきて、こちらもそんな感じかと思いましたが、数分経つとさっぱりして上品な雰囲気に。

そんなに攻撃的な印象ではありませんが、つけてすぐ外出は避けた方が無難です。少し経ってからのほうがよさそうです。

ミドル以降がアロマティックで癒されます。

緑茶!というよりはスイートジャスミンの花っぽさやフェンネル・セロリのハーブっぽさを感じました。海外で好まれるような、少しだけ砂糖をいれた、あまり渋くない緑茶のイメージです。レモン+緑茶かも?

ラストのムスクもべたっとせず、生々しいセクシーさがないので使いやすいです。

ケモノ感が強い香水が苦手な方におすすめです。

(私はムスクやレザーなどが濃く・強く香ってしまうのでセクシー系の香水が苦手です。)

途中までさわやかでも、ラストになると急に湿度が上がって嫌な感じのしつこさに変化する香水ってあるので、この安心感は好きだなと思いました。

後半はシャンプーや石鹸に近い印象かもしれません。といっても、はじめからそこを狙ったものよりさりげないし複雑なので大人向けかと思います。

突出した雰囲気にしたくないときとか、無難にさわやかにいきたいときは良いと思います。

スポーティーな印象の方、ナチュラル系ファッション、メンズライクな服装を好む方には違和感なく似合うと思います。

私は「瓜系」の雰囲気が感じられる香水が好きなので、こちらも若干瓜っぽさがあるかもしれません。メロンというよりキュウリ系の、甘さがない青さだとは思うんですが…。

色で表現すると序盤が黄色。徐々に黄緑になり、薄緑~水色のグラデーションといった感じ。最後のほうはさわやかで万人受けです。

余談ですが、ファブリーズ(緑茶の香り)がこちらに似てるというか、似せたのかな?笑と思いました。

どこで買える?

エリザベスアーデンの実店舗は現在日本にはありません。(2010年に日本撤退)

実物をテスターしたい場合、香水専門店に行くとよく置いてあります。

通販でしたら、amazon、Yahooショッピング、楽天通販など。ヨドバシドットコムでも取り扱っています

<グリーンティーシリーズについて>

香水のほかにボディーローション、ボディクリームもあります。
本家「グリーンティー」以外にもいろいろな物が出ています。

グリーンティー リバイタライズ オーデトワレ
グリーンティー チェリーブロッサム オーデトワレ
グリーンティー ハニーサックル オーデトワレ
グリーンティ ミモザ オーデトワレ
グリーンティー バンブースパイスドグリーンティー セントスプレーグリーンティ ネクタリン&ブロッサム(2016年限定)グリーンティ ユズ(2014年限定)など。

商品の情報

12種類の自然の素材をブレンド、緑茶のもつエネルギーを満たしてくれる、心身を高揚させる香り。レモン、グリーンティー、オークモスなどの、フレッシュグリーンティーフローラルの香調。


スポンサーリンク